記事の詳細

こんにちは、ファンタスティック7隊長の池上です。
私の住んでいる神奈川県茅ケ崎市も梅雨のシーズンに突入しました。風通しの良い海の見える高層マンションの居間でこの記事を書いております。

マンションから見える景色はこんな感じ。昨日は江の島の上に月が浮かんでいました。




いい感じのところに住んでいて、なんか腹立つな~!!と思った人。その感情は正しい感情です。

なぜなら起業する前から起業後3年ぐらいまでの間の自分もそうだったから。

でも、自分の思い描く理想の姿を現実化させる方法がまったく分からなかったので、うまくいっている人を見ると羨ましくもあり、腹立たしくもありました。

いいところに住んでいる人を見ると「何か悪いことでもしてるんだろう」とぐらい思っていました(爆)

また、性格が極めてあまのじゃくだったこともあり、起業塾やそういう集まりにもほとんど行こうとは思いませんでした。たまに行っても金の亡者が集まるようなところが多くて、「何か違うよな」と思って一度行ったきりで止めてしまうのが常でした。

今考えるとあんな状態からよくビジネスを興せたなと思います。(笑)

私の起業のきっかけは自発的に起業をしようと思ったというよりは仲の良い尊敬するドクターから「仕事のサポートしてほしい、そしてそれには法人を設立した方が良い」と勧められたことが始まりです。

そして、その先生の望むことを提供するためにはどうすればいいのかを必死に考えました。そこから人生の歯車がカチンと変わりました。

自分だけの成功や欲望のために起業しようと思うと、私のようなあまのじゃくな性格の人間は人の言うことを素直に受け取れないので、「どうせ~でしょ」「やってもうまくいかないでしょ」と自分自身で難癖をつけてしまいます。

ところが、尊敬できる人をサポートするためのちゃんとした仕事をしないといけない。そのために必要なスキル取得や人脈は作らないといけないということで、動機が尊敬できる人を喜ばせたいあまり、あまのじゃくが吹っ飛んでしまい、まともな起業家の思考に自然と変化したと言えます。

そう、私の成功の要因は尊敬できる先生方に役立ちたいという純粋な気持ちだったのです。

成功するには成功する考え方と行動があります。
やりたいことを実現させるにもそれなりの方法論とステップがあります。それを愚直に実行できるかどうか?

これはあなたの心の中に鍵があります。
私の場合はそれが「好きな人、尊敬できる人に喜ばれたいという素直な欲望を満たす」ことでした。

ファンタスティック7に参加することは、あまのじゃくな自分を忘れ、その人生の鍵を見つけ、自分なりの幸せな道と方法を見つけることと同義語になります。

あなたの思い描く姿に速やかに近づけるにはどうすればいいのか?

半年にわたる講義とワークと仲間とのやりとりで、脳が覚醒します。

あまのじゃくなあなたに今日のブログをお贈り致します。

ファンタスティック7@ファイナルシーズン~残り4席となりました。
http://mr-net.org/fantastic7.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る