記事の詳細

私はMRを辞めて、自分で会社を興して、今も様々な医療機関に訪問している訳ですが、医師はこちらのアプローチ(情報発信)を見て、反応を決めていることがよく分かります。

MRの時、「先生、いつもお世話になっております。●●製薬の□□です。今日は△△についてお知らせに参りました」と話すと、たいていが「あー今、忙しいからごめんね」とか「今度にしてくれる」と言われることが多いし、場合によっては横柄な言葉を投げかけられることもありました。

でも、それは自分が発した言葉への反応だと考えると非常に分りやすいと思います。

その裏側には毎日何十人ものMRが同じような言葉を投げかけてきて、「PRばかりで、意味ない時間だよな」という意味が込められています。

Business group and doctor

しかし、今、私はコンサルティングビジネスとしてドクターのところに行ってもそういう反応をされることは一切ありません。

それはなぜかというと、面会の意味とその効果を事前にお知らせした上で会っているということと目指すべき目標や夢を共有しているからです。

どこが違うのかというと、MRの仕事として「薬をなんとか処方してほしい」と思っている意識が強い一方、私はこの先生がどうすれば気持ちよく仕事出来るのか?どうすれば患者さんの救うお手伝いが出来るのか?の視点で話をしている点だけだと思います。

もちろん、我々も売り上げを上げなければ会社が成り立たないので、きちんとお金を支払って頂かないといけないのですが、「もっとお金を払ってくれ~」とは毎回言えません(笑)。

私はMRの方々も先生の前で処方の事を忘れて、純粋に喜んでもらうことを繰り返し行うことを愚直に行ってよいと思います。「君はここまでやるのか!」と言わせるようになれば、先生の記憶と心はあなたから離れることはないと思います。

公正競争規約にない部分でのサービスをどこまで昇華し、提供できるかも一つの鍵になるかと思います。その詳細は下記のセミナーにて詳しく説明したいと思っております。

若手MRのためのメンタルタフネス講座(←今すぐクリック)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る