記事の詳細

私も新社会人から数えて、ビジネス人生が26年目に入っています。こうして振り返ってみると四半世紀以上、仕事をしているなあと時間の過ぎ行く速さに驚いています。

そして、今まで相当数のMRや医師、薬剤師、起業家などと会ってきました。みんなそれぞれの立場でチャンスをつかみたいと思っています。しかし、その中でチャンスをつかみ成功する人と成功しない人の間には明らかに違いがあることがわかってきました。

その違いとはそんな大きく難しいことではなく、ちょっとしたことなんです。
なんだと思います?

それは・・・・・。

●チャンスをチャンスと認識する力とそれをつかむ勇気があること

●チャンスに対して、すぐ行動に移せる能力

実はこの2つだけなんです。

そもそもチャンスが分からない人は論外ですが、分かってもお金がないから出来ないとか時間がないから出来ないという人は本当はチャンスをつかみたくない人だと思っています。自分とその周りの環境を変えるのが怖いと感じているのです。

未知のものにトライすること、それは人間誰しも怖いものですが、それを「楽しみと捉えるのか?」「リスクと捉えるのか?」その意識の問題が成功の可否に大きく影響しているように思います。

chance

今回のMR#1コンテストなんて、MRにとってのリスクはほとんど存在していません。特に若手はそうです。チャンスでしかないようなイベントです。こういうリスクの少ないチャレンジはやった方が得なんですが、なかなか足が出ない人が多いのも事実です。

だから、少し勇気を出してチャレンジする人には、一層のチャンスが広がります。

たぶん1次審査作成に使う時間はせいぜい1時間ぐらいでしょう。
1時間の時間投資をして、自分の将来が明るく開けるチャンスを得られるなら、これって安いと思いません?

確率は仮に100人応募して5人残るとしても20分の1、宝くじの確率は100万分の1。コンテストで勝ち残るその確率は皆さんが思うよりはるかに高いと感じませんか?

ぜひ、このチャンスはきっちりと掴んで欲しいと思います。

第二回MR#1コンテスト募集要項
http://mr-1.org/entry.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る