記事の詳細

実は人にはみんなちゃんとアンテナが立っています。自分の興味のあることがあれば、それを明確にキャッチする能力があります。例えば、こんな経験ないでしょうか?

人混みの賑やかな中で小さな声で自分の名前を呼ばれて、それが聞き取れること。パーティの中で距離の離れた向こうで自分の話をしていることが分かること。新聞を読んでいて、自分の興味あるキーワードが記事の中から浮かび上がってくることなど。たぶん、そういう経験が必ずあるはずです。

それはその人の興味のアンテナが立っている状態であり、膨大な情報の中から興味ある情報を選択して、探し出す能力があることを示しています。

アンテナが立っている人をイメージするとマグマ大使の映像が浮かんでくる私は脳は古すぎる。

アンテナが立っている人をイメージするとマグマ大使の映像が浮かんでくる私の脳は古すぎる。




この能力を有効に使うとすごく面白いことが可能になります!

例えば、私の場合は得意先のお困りごとを解決することが多いのですが、そのお困りごとのキーワードやテーマを抽出します。例えば、人材で困っているクリニックの相談の場合は「クリニック人材、採用、人事トラブル、モチベーション維持」のような感じです。

それをスマホのメモ帳や自分の手帳に書いておくと、それが自分の脳にインプットされます。そしてインプットされると様々な情報を見聞きしている時に「あっ、この情報はA病院の課題に必要な情報だと自動的に認識できるのです。」

そして、その見つけた情報をすぐにメールやメッセンジャーでお送りすると喜ばれるということです。また、そのキーワードに関する勉強会を見つけて、それに参加して、その医療機関の難しい問題をそこで講師の方に聞いてみる。そして、その回答をまとめて、クライアントにお送りする。

そんなことですごく喜ばれるのです。でも、こうやって聞いてみれば、別に大したことしていないですよね。すぐできることだと思います。

早いものでMRから起業して医療機関のお悩みや課題を16年に渡り、インタビューして解決してきました。そのキーワードを基に動画集を作ったのがアリストテレスです。皆さんが医療機関のハートをつかむのに最も効率の良い教材と言えます。

また、この動画集は医療現場の求めるキーワードを自分の中に浸透させる効果もあります。
ぜひご覧頂き、皆さんの脳が自動的に動くようにアンテナを立てて頂ければと思います。

アリストテレス
http://aristoteles-med.com/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る