記事の詳細

こんにちは、メディエンスの池上です。
インフルエンザの時期から花粉症の時期に移行してきて、そろそろ春の憂鬱な時期が来るのではと身構えている今日この頃です。

さて、今回は今までまったく手をつけていなかった新しい分野のセミナーを実施しようと思っております。それが「若手MRのための才能発掘塾」です。

「なぜ、この塾をやろうかと思ったのか」というきっかけがありました。それはある20代のMRの方、Sさんの相談を受けたことで「若手MRの持つポテンシャルを顕在化するセミナーをやらないといけないな」と思いました。

Sさんは大手外資系の地方MR(開業医担当)です。

Sさん曰く、
「私は5年目ですが、MRの仕事をある程度把握した今、このままMRを続けていても先が見えてしまい、なんか暗い気分になります。MRの仕事も規制だらけでやりがいのある仕事をやりにくい環境だし、業界としても先細り感があります。自分を高めて、仕事を楽しくする方法や自分のキャリアをどんどん高められるような方法はないものでしょうか?」

という質問でした。

実は今までもSさんのような質問を頂くことがしばしばありました。

その質問からは

自分の本当にやりたかったものは何なのか?
自分とは何者なのか?
もっと充実感を持って、誰よりも輝く自分でいたい。
今の自分がぼんやりしすぎていてもどかしい。

そんな心の叫びみたいなものが感じられました。

皆さんのミッシングピースを見つける時間、そしてワクワクする時間にして頂きたいと思います。

皆さんのミッシングピースを見つける時間、そして自分自身にワクワクする時間にして頂きたいと思います。



そこで、今回初めての試みですが、そんな悶々としている若手MRの方々にワークを通し、自分の持っているたぐいまれなる才能と大いなる可能性に気付いてもらう塾を実施することにしました。

自分の持つ大いなる力に気付くことにより、今後の道がしっかりと見えていくのだと思っています。そのまま製薬企業で進んでいくにしても、他業種に行くにせよ、起業するにせよ、本来の自分の能力に気付き、やるべきことを見つければ自然とうまく行くものです。

実はMRになれるような人は基本的になんらかの才能と夢を持っているものです。しかし、日常の仕事や生活で忘れ去っているケースが多く、それを気づいたり、見出したりして頂く時間にしたいと思っております。

極端な話、1名でも申し込みがあれば開始致します。

若手の定義は通常、実年齢で30歳までと言われていますが、この塾においては「頭脳と心が若いと自覚している方」という定義にしたいと思います。そして、「自分には大いなる才能と使命があると心で感じている方、そう信じている方」に来て頂きたいと思います。

<詳細情報>

開催日:4月22日(土・一粒万倍日)13:00~17:00

講師:メディエンス 池上文尋

費用:25000円

定員:8名

会場:東京駅近郊の会場

申し込み先はoffice@mr-net.orgまで

===========申込フォーム===========
お名前
会社名・学校名
メールアドレス
携帯番号
============================

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る