ジェネラルメニュー
株式会社 メディエンス
 
【京都本社】
〒615-8191
京都市西京区川島有栖川町18-2
TEL:075-394-2981
FAX:075-381-0871
Mail:office@mr-net.org
 
【東京オフィス】
〒135-0063
東京都江東区有明3-7-26
有明フロンティアビルB棟9階
TEL:03-5530-8767
 
【元麻布ラボ】
〒106-0046
東京都港区元麻布2-14-26-702
TEL:03-6721-7454
Home > MRのためのクリニック新規開業サポート

MRのためのクリニック新規開業サポート

最近、病院ドクターの開業が盛んになってまいりました。当然の事ながら新規開業にあたっては相談されるケースも増えてきていると思います。そこでMR-NETでは、新規開業をサポートしているプロフェッショナルな会社に色々と情報を提供してもらう事に致しました。

以前より、「MRのための新規開業講座」でお世話になった、株式会社リチェルカーレの高橋社長にご協力を頂き、今後色々と新規開業のためのお役立ち情報をこのサイトにてご紹介してまいります。

新規開業サポートの知恵「高橋の一言!」(仮称)

 第一話 医療設計・建築でも得意・不得意がある

 第二話 診療所(クリニック)に適している物件はどのように探すのか?

 第三話 資金調達についての知恵

リチェルカーレでは、MRの方の新規開業サポートのバックアップを行なっております。

 

リチェルカーレからMRの皆様へメッセージ

ドクターよりMRへ開業相談があった場合

MRの皆様は基本的に自分の担当エリア内であれば、色々とお手伝いできることも多いかと存じます。しかし毎日の忙しい業務の中で、特にエリア外での活動となりますと、なかなか一人のドクターのために時間を割くことは難しいと思われます。

しかしこの開業希望ドクターを掴むことによりドクターとの信頼関係を密にでき、さらに自社製品の導入先を増やすことにもつながってまいります。

株式会社リチェルカーレは、医療施設の建築設計及び内装設計施工を専門に手がけている会社ですが、いままでに数多くの医療関連業者とのネットワークを築いてまいりました。その結果、独立開業希望ドクターが望んでおられる様々な情報やサービスを提供することが出来ます。

またドクターの中には開業するということについて病院側や医局のメンバーに知られたくないとの要望を持っておられる方々も多くいるようです。特に病院への出入りの業者に相談した結果、情報が漏れてしまい、肩身の狭い思いをしたドクターのケースもあります。

このようなことがないよう、リチェルカーレでは細心の注意を払いながらドクターの開業をお手伝いしてまいります。またドクターとの打合せにMRの皆様がお立会できない場合には、当社にて毎回作成している打合せ議事録をメールにてお送りしております。これによりドクターと当社が今現在どのようなやり取りを行っているかについて把握することが出来ます。


リチェルカーレでお手伝いできること

(1)開業物件用地・テナントの紹介

(2)診療圏調査

(3)資金計画・事業計画書作成

(4)資金調達先・リース会社紹介

(5)医療機器メーカー紹介

(6)建築設計・内装設計施工

(7)ロゴデザイン・サイン看板作製

(8)保健所・社会保険事務所への書類提出

(9)税理士・労務士の紹介

(10)広告・チラシ・DM作製手配

(11)診察券・名刺・封筒類作成手配

(12)内覧会業務手配


事業継承案件

親御さんが開業医でご子息もしくはご息女がその物件を継承して開業を行う場合、古くから開業しているので認知度が高く、患者さんが付いている強みもありますが、下記のような問題点も浮かび上がってきます。

・診療所の雰囲気が暗い、明るい開放感がない

・医療機器設備が古い

・患者のプライバシーが保てないようなつくり

・トイレが古い

・バリアフリーではない

・患者・スタッフ動線が悪い

・以前入院に使っていた空き部屋がある

・保待合室が狭い

ただ単に、ペンキの塗り替えや壁紙の張替えだけであれば、街のリフォーム屋さんで十分に対応できますが、根本的な間取りの変更や医療機器設備の入れ替え等が絡んでくる場合には細心の注意が必要です。


リチェルカーレでお手伝いできること

(1)必要に応じて構造計算を行ったうえでの間取りの変更及びスムーズな動線の確保

(2)医療機器設備入れ替えに伴う、電気容量の確保

(3)外装(外壁)のリニューアル(塗装・石貼などの提案)

(4)バリアフリー化

(5)車椅子対応トイレへの変更

(6)外装サイン看板の取替え

(7)医院併用住宅の場合には工事中に自宅のリフォーム等も同時に行えます


工事に関する注意点

(1)工事中に休診するかどうか?

(2)敷地内に仮設診療所を設けるかどうか?

(3)休診せずに工事を行いたい
   →GWやお盆期間中を利用しての工事
   →休日、休診日を利用した工程作製

▲ページTOPへ
困った時は今すぐクリック!

MR-NETのトップに戻る
サイト内検索
日刊メディカルビジネス情報源

 メディカルビジネスマンの為の
 自己啓発型メルマガ【サンプル

 

メルマガ登録・解除・変更

携帯サイト

 http://mr-net.org/i