記事の詳細

最近若い人たちと飲むことが増えているのですが、その時に良く質問されることがあります。

それは「池上さんて思ったことをすぐ事業化をされていますが、どうすればそのように簡単に事業を起こすことができるのですか?」という質問です。

大学を卒業して、会社員になって、会社の先輩や上司の指導を受けて仕事をしていると、事業を起こすと言う事はその仕事の中にほとんど含まれていないのでやり方がわからないと言うわけです。特に私の関わる製薬や医療関係の方々は起業とは無縁の生活をされているのでよくわからないのだと思います。

実は事業起こす事はそんなに難しいことではありません。どちらかと言うとその事業を継続することの方が難しいです。ここは覚えておいてください。



なので事業を興す時はまずやっていただきたいことは下記の通りです。

1 )やりたい事業を全部紙に書き出し、とにかくブレインストーミングを行うこと。

2)出したプランの中でどうしてもやりたいと思った事業があれば、その事業を興す準備を頭の中と紙の上で行うこと。
それはお金があろうとなかろうと、時間があろうとなかろうと、マンパワーがあろうとなかろうと、そんな条件にはかかわらず準備してみてください。

3)その出来上がった事業計画を仲の良い起業家や企業に得意な人に見てもらい、意見をもらうことです。
まずここまでやることを決めるのです。お金をかけて事業を起こすのはこの準備段階を得ないと無理なので、まずはここまで頑張ると言うことです。

ほとんどの人がここまでやっていないんです。お金がないとか、時間がないとか、今はタイミングじゃないとかいろんなことを言いますが、ここまではリスクはゼロだし、電車通勤の間でもできることなのでやってほしいと思います。

ここまでやっておくと、その事業がうまくいきそうとかうまくいかないんじゃないかとかある程度、自分の中で分かってきます。
その上でこれは自分が楽しくやっていけるだろう、3年以上収益が上がらなくてもモチベーション高く取り組んでいけると自信があるものはやればいいと思います。

まずはここまで普通に出来るようになってください。ここまで出来て、それ以上のノウハウを細かく知りたい人は個別に連絡を頂くか、ファンタスティック7にお申し込みください。(来年は行うかもしれません)

私も毎日、事業プランを頭の中で考えています。そして、それが条件が揃うと事業準備&開始という形になるのです。
それだけのことです。難しくないでしょ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る