記事の詳細

この数年で医療の環境が大きく変わり、病院はどんどん減少し、逆にクリニックは増加しています。今までさして医療経営に気を配らなくても患者さんが来ていたクリニックもどんどん患者数が減ってきて、慌てているところも増えてきました。

どうすればクリニックの経営が安定するのか?
日々その点に頭を悩ませている院長は多いと思います。

しかしながら、皆さんもご存知の通り、院長にも様々な性格や考え方があるので、アドバイスやサポートをしていくことはなかなか難しいと感じられているのではないでしょうか?

ただし、MRやMS、医療機器営業、保険営業の方は常日頃から院長と顔を合わせて、コミュニケーションを取っているので、その点を把握できているし、もし院長と気が合うとするならば、「クリニックのお困りごとを一緒に解消してほしい」というニーズを打ち明けられることも増えてくるかと思います。

そして、優秀な方はきっと自分が出来る範囲で院長をサポートされている方も多いのではないかと思います。



それぞれのサポートや貢献を基に、MRなら薬を買ってもらう、医療機器営業なら医療機器を買ってもらうということに結び付いているかと思いますが、そうではなく、そのサポートサービス自体にお金を出してもらうことが出来れば、皆さんの仕事って、その可能性がぐんと広がるのではないでしょうか?

それが「事務長代行業」の第一歩になります。

その今までは無料で行っていたサポートをよりオーダーメイド化させ、あなたしかできないサービスにしてしまえば、何十年も一緒に仕事の出来ることに結び付くのではないでしょうか?

それらの仕事を「パートナー事務長」と命名しました。

そして、その院長が喜んでくれる医療経営サポートの詳細や技術について深く学ぶ場を作りました。
それが「クリニック経営士講座」です。

先日もMRから事務長になられた活躍されているT氏がお話されていましたが、MRはクリニックや病院のカウンターから外は良く知っているけど、受付カウンターより中は全く知らない。だから、このように中を学ぶ場が必要であると。

MRからクリニック事務長になり、1つのクリニックでじっくりと取り組むというケースもあります。その場合、今、会社を勤めているのより、安定感に書きます。なぜならば、院長が心変わりしてしまうと、すぐクビになってしまうというリスクがあるからです。

例えばクリニックの将来を考え。変革を提案したら逆鱗に触れたとか、挙げればきりがありません。

そういう意味でも複数のクリニックに対してパートタイムのサポートを行う「パートナー事務長」という働き方は収入的にもリスク的にも理想的と言えます。

皆さんの今後の職業選択の1つになりうるのではないでしょうか?

クリニック経営士3級講座 第一期生募集
https://mr-net.org/clinic-management.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る