記事の詳細

こんにちは、池上です。
先日、クリニック経営士(事務長養成)講座についてこんな質問が届きました。

「いつも拝見しております。一つ質問させてください。私は入社2年目のMRで、一緒に仕事してみたいと思うような尊敬できる院長がいないのですが、そのような場合、この講座を受けるのにはまだ早いでしょうか?」

この質問が来て、自分が入社2年目の時を考えてみました。
この方はちゃんと勉強しようとしているのがえらいなと思いました。私は毎日、飲んで、遊びまくっていた記憶しかありません(爆)

私がドクターを心底尊敬出来るようになったのは27歳の時に入った会社、セローノ社(現メルクセローノ)で産婦人科を担当することになってからです。

夜中に産婦人科の先生方とじっくり話す機会があり、

24時間体制で患者さんのことを考えている。(通年で睡眠不足)
過酷な職場でどのようにスタッフと楽しく過ごすのか?
子どもの授かれない人に何とかして子どもを持つ幸せを感じさせてあげたい。
過酷な職場の中でも医療事故が起きないようにするにはどうすればいいのか?
仲が悪いスタッフ同士がいがみあっているが、一人一人の能力は高いので、どうしたものか?

などなど様々な課題を過酷な条件の中で働く医師や院長たちを見て、非力で鈍感な私(猫の手的)でもこれは何とかサポートしないといけないと思ったことがスタートです。

医師は給与も高いし、それぐらい仕事して当たり前だよという方がいますが、その仕事の責任の重さと仕事の過酷さから考えると決して高くないと思いました。逆にMRの仕事で先生の時間を奪うような邪魔をしてはいけないと身の引き締まる思いでした。



そして、MRの仕事は医薬品情報の伝達収集がメインですが、そこだけのサポートでは先生方の根本的なお役に立てないのでどうしたものかと考え、先生方との夜中のディスカッションを経て、タイムマネージメント、リスクマネージメントについて学ぶようになりました。

そして、徐々にその枠を広げて、医療の広報やブランディング、人事などを学ぶようになりました。
特に医療機関で院長の悩みで最も深くて大きいのは「人の悩み」です。でも、この部分についてのプロは実は非常に少ないのが現実です。社会保険労務士という資格がありますが、院長の悩みのフォーカスしたサービス提供が出来ているかというとそうではありません。だから、私のような資格をもたない存在でも先生方は真摯に話を聞いてくれましたし、問いかけてくれました。今でもこの部分は医療の現場で最も大きな問題です。

入社二年目というとようやく仕事が分かってきて、徐々に先生方と深い話が出来てくる時期です。自分達の伝えたい情報を一方的に伝えるのではなく、まずは気になる先生1人(売り上げが多い先生と必ずしも一致しない)と仲良くなり、じっくりと医療現場についてお話を伺える関係性を作ることをお勧めします。

そうすると今回のクリニック経営士の内容(カリキュラム)がどれだけ実践的な内容を網羅しているのかが明確に分かると思います。

薬の情報だけで訪問するのが徐々に難しくなってきている今、現場で求められている知恵を自分でしっかり保有し、自信をもって訪問できる強みはMRにとっても、他の営業の方々にとっても最高の営業サポートツールではないでしょうか?

製薬企業もICTソリューションや様々な営業ツールや社内研修に凄い金額を投下していますが、現場に刺さる話をして、先生に有用と思って頂けなければ、それも無駄になります。

我々の提供するプログラムはすべての医療現場に営業を行う方々のベーシックな知識となりうるものだと考えています。

悩める患者さんを救うために医療機関があり、その医療機関の課題や悩みを我々がサポートしていく。そんなイメージで学びを深めてもらうと良いのかなと思っております。

★クリニック経営士講座1期生募集(3級講座):今すぐチェック↓
https://mr-net.org/clinic-management.html

関連記事

●新しい概念「パートナー事務長」という働き方
https://mr-net.org/blog/?p=1553

●MR辞めても年収1000万円を超える仕事に就くことが出来るのか?
https://mr-net.org/blog/?p=1530

●コロッケはなぜ芸能界の中で人気者なのか?~自分の芸の幅を広げる楽しさを知る
https://mr-net.org/blog/?p=1539

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る